ブラインドサッカー東日本リーグ2017第5節 品川で開催

更新日:平成29年11月12日

ブラインドサッカー東日本リーグ2017第5節が平成29年11月12日(日)、区役所前のしながわ中央公園(西品川1)で開催された。

 これは、東日本各地を活動拠点とするブラインドサッカーチームが参加して開催されるリーグ戦。この日は、全盲クラス4試合が行われた。

 このリーグ戦は、各クラブの拠点となる1都2県を周遊して行われ、チームと地域の結びつきを強めることを目指していることから、誰でも無料で観戦できる。品川区での開催は3回目で、今年は初めてコートの真横に観戦スタンドを用意。応援には地域住民の他、公募で決まった品川区ブラインドサッカー応援キャラクター「やたたま」も駆けつけた。観客は目の前で繰り広げられる熱戦に見入っていた。

 ボランティアとして参加していた荏原第六中学校サッカー部の1年生の男子生徒は「見えない中、声で連携をとるのは信頼を育まないとできないこと。すごいと思いました」と選手たちのプレーに感激した様子だった。

 品川区はこれまで、パラリンピック競技であるブラインドサッカーを通して障害者スポーツの振興、障害理解の促進を図るため、区内団体を対象にブラインドサッカー出前体験教室や講演会を実施。昨年4月には、特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会(釜本美佐子代表理事)とパートナーシップ協定を締結した。

 2018 年3 月21 日(水・祝)から25 日(日)には、国際視覚障害者スポーツ連盟公認の新設国際大会「IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2018」を、品川区立天王洲公園で開催することが決定している。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631