品川区で育まれた伝統の技と味 しながわ展開催

更新日:令和2年1月25日

 「伝統の技と味 しながわ展」が令和2年1月25日(土)から、きゅりあん(大井町駅前)で開催されている。
 このイベントは、区内で育まれた伝統と歴史をもつ職人の技と味を、多くの方に知ってもらおうと毎年開催。品川区伝統工芸保存会会員と区内の味の老舗が一堂に会した。

 「伝統の技」では、江戸切子、日本刺繍、提灯文字などの品川区伝統工芸保存会の職人の実演ブースや作品が並んだ。また、職人が直接指導する実技教室「ふれあい教室」では、石膏でつくる仏像「仏像彫刻」が実施され、参加者は、職人の歴史ある伝統の技を実際に体験しながら、作品を作り上げた。
 参加者は「彫刻は難しいと思っていましたが、間近で職人の方から教えてもらえるので挑戦してみました。楽しみながら貴重な体験ができました」と話し、品川で育まれた匠の技を体感した。

 「伝統の味」では、お茶、和菓子、パンなど区内の長年愛されてきたお店がこだわり商品を販売。区内在住の夫婦は「各地域の美味しいお店が集まるので毎年来ています。普段はなかなか行けない地域の商品も味わえるので大満足です」と舌鼓を打ち、笑顔をみせていた。

 また、職人の出張授業で小学生が製作した作品の展示や25日限定販売の「弁当フェア」など様々なブースが出店し、大勢の来場者でにぎわった。

 このイベントは、翌26日(日)も開催され、「ふれあい教室」では、畳職人による畳コースターづくりが実施される。
 開催日:令和2年1月25日(土)、26日(日)
 開催時間:午前10時~午後5時(26日は午後4時30分まで)
 会場:きゅりあん 7階イベントホール

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631 FAX03-5742-6870