2.6海苔の日 「品川海苔」PR動画公開

更新日:令和2年2月28日

~海苔の切り絵を映像化 区民のアイデアがカタチに~

 江戸時代より栄えた品川の海苔養殖の歴史や文化を広く伝えるため、品川区は令和2年2月6日(木)の「海苔の日」、品川海苔PR動画を公開し、しながわ水族館(勝島3-2-1)で完成発表会を開催した。

 「品川海苔」とは、品川の海苔養殖の歴史や文化を表す総称。この動画は、昨年度、区民など30人が参加した品川区魅力発信ワークショップ「Discover SHINAGAWA」にて最優秀賞を受賞したアイデア「品川海苔 大復活プロジェクト」をもとに、区内の各海苔店6店から協賛を募り、区民の切り絵アーティスト、田中良平さんとコラボし、区が制作した。海苔の切り絵による自治体PR動画は全国初。

 発表会には、田中さん、ナレーションを担当した女優の傳谷英里香さんと協賛した海苔店を代表し品川屋海苔店の保川泉さんが出席。 

 田中さんは「動画制作にあたり下準備を含め約60枚の切り絵を作りました。少し湿らせないと海苔は割れてしまうので、扱いがとても難しかったですね。完成した動画を見て感動しました」と笑顔で話した。

 18世紀初めには品川での海苔養殖が始まり、品川の海苔が浅草に運ばれ「江戸名産浅草海苔」として全国に知られた。また、品川の漁業者が発明した養殖方法が各地に伝わり、海苔の大量生産が可能になったと言われている。しかし、かつて栄えた品川の海苔養殖も、大東京港建設という目的のため、東京オリンピック開催を翌年に控えた昭和38(1963)年にその幕を閉じた。

 「品川海苔」の歴史はあまり知られていないが、「品川巻(海苔巻きあられ)」や品川宿の鉄火場(博打場)が発祥とも言われる「鉄火巻き」など、海苔養殖や猟師町、宿場町として栄えたまち文化は、現在も脈々と息づいている。

 この動画を通じて、1964年東京オリンピックを前に幕を閉じた「品川海苔」を、2度目の五輪開催となる2020年に改めてPRすることが狙い。また、区民のアイデアを事業化することで、区民と共に進めるシティプロモーションを加速させ、区への愛着と誇りの深化を目指している。

※「品川海苔PR動画」はこちら https://bit.ly/39bfQ2L

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631 FAX03-5742-6870