新型コロナウイルス感染症の影響を機に 品川区のひとり親家庭等に送る坂井市産のお米

更新日:令和2年3月10日

 品川区と連携・協力に関する協定を締結(※)している福井県坂井市(坂本憲男 市長)が令和2年3月6日(金)、品川区のひとり親家庭等を支援するため、ふるさと納税「思いやり型返礼品プロジェクト きふと、(寄贈型)」を活用し、返礼品米の受付をスタートした。

 今般の新型コロナウイルス感染症の影響により、品川区は現在、区立学校全校を4月5日(日)まで休校としており、給食がなくなった各家庭では、自宅での食事の機会が増加。ひとり親家庭等では、主食である米が不足する事態となっている。
 また、様々な理由で子ども食堂のような場に行くことができない ひとり親家庭等に食品を直接配送する「しあわせ食卓事業」においても、配布予定の米等が不足している。
 一方、坂井市においても、市立小中学校が休校となり、給食用の米に余剰が生じている。

 坂井市は今回、こうした品川区の現状に配慮し、7千円以上のふるさと納税をした際の返礼品として、坂井市産の米5キログラムを品川区のひとり親家庭等に届ける支援を決めた。経費を差し引いた寄附金の残額は、区との連携事業に活用される。区が必要としている300食分に達した時点で終了予定。

 今回の支援を受け、濱野 健 品川区長は、「こうして支援いただけるのは、大変ありがたい。今後、品川区としても、坂井市さんとの連携を引き続き深めていく中で、何かしらの恩返しをしていきたい」と感謝の意を表していた。

※品川区は「特別区全国連携プロジェクト」をきっかけに、連携・交流を進めてきた坂井市と、連携・協力に関する協定の締結に合意し、昨年9月、品川区役所で協定締結式を行った。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631 FAX03-5742-6870