【事前】3月30日~ モノレールに載せた子どもたちの夢 スペシャルラッピング車両「キッズギャラリー号」出発進行

更新日:令和2年3月18日

東京2020大会支援企画として、品川区内の児童が“東京へようこそ”をテーマに描いた絵画が外観にラッピングされた「東京モノレールキッズギャラリー号」が、令和2年3月30日(月)から運行を開始する。主催は品川区、協賛は東京モノレール株式会社(本社:港区)。

 キッズギャラリー号にラッピングされる絵画は、区内児童889人が作成したもののうち80点を区内短大・高専および高校の学生・生徒が編集デザインしたもの。各車両にはサブテーマの“3つの夢(オリンピック・パラリンピック競技への夢、世界の人とつながる・仲良くなる夢、自分たちの町や日本の文化を紹介・発信する夢)”が色とりどりに描かれている。
 令和2年9月6日(日)までの期間、東京モノレール羽田空港線全線を1編成が運行する。

※こちらの情報は、上記日付による報道機関向けのプレスリリースを掲載したものです。現在の事業等と内容が異なる場合がございますのでご了承ください。
※写真については、「しながわ写真ニュース」をご確認ください。写真のないプレスリリースもあります。

お問い合わせ

広報広聴課 電話03-5742-6631 FAX03-5742-6870