被保険者が出産したとき(出産育児一時金)

更新日:令和2年3月31日

品川区国民健康保険に加入している方が出産したときは、出産育児一時金が出生児1人につき42万円支給されます。
妊娠4カ月(85日)以上であれば、死産・流産でも支給されます。申請できる期間は、出産日の翌日から2年間です。

(1) 直接支払制度

出産育児一時金の請求・支給手続きを、世帯主に代わって医療機関等が行う制度で、制度を導入している医療機関等で利用できます。
出産される医療機関等に保険証を提示し、直接支払に関する合意書を取り交わしてください。
くわしい手続きの内容は医療機関等にお問い合わせください。

(2) 受取代理制度

出産育児一時金の支給を医療機関等に委任する制度で、制度に登録している医療機関等で利用できます。
受取代理制度を利用する場合は、出産前(出産予定日の2か月前から受付)に国保医療年金課給付係での請求手続きが必要です。
 
※(1)直接支払制度または(2)受取代理制度を利用することで、医療機関等の窓口で出産費用から42万円を引いた金額を支払うことになります。出産費用が42万円を下回る場合は、申請いただくことで支給されます。申請書は出産から約3カ月後に対象世帯へ郵送します。

(3) 直接支払制度、受取代理制度を利用しない場合

直接支払制度、受取代理制度を利用しない・できない場合は、医療機関等で出産費用を全額支払った後、国保医療年金課給付係で申請をしてください。

手続きに必要なものは、母子健康手帳、保険証、直接支払制度に関する合意書(直接支払はしないという内容のもの)、医療機関等からの領収明細書、支給振込先金融機関の口座番号がわかるもの、印鑑(朱肉をつかうもの)です。

(4) 海外での出産

海外の医療機関等では、直接支払制度および受取代理制度が利用できません。出産された方が帰国後に、国保医療年金課給付係で申請をしてください。

手続きに必要なものは、母子健康手帳、出生証明書(原本)、出生証明書の和訳、国民健康保険被保険者証、領収書、出産された方のパスポート(原本)、支給振込先金融機関の口座番号がわかるもの、世帯主の印鑑(朱肉をつかうもの)です。

※出産育児一時金は出産した日に加入している健康保険から給付されます。他の健康保険から支給される場合は申請できません。
また、支給後に資格がないことが判明した場合は返還請求することがあります。
お問い合わせ

国保医療年金課給付係
 電話:03-5742-6677
 Fax :03-5742-6876