年金からの差し引き(特別徴収)

更新日:令和3年3月31日

対象となる方

   世帯主が国民健康保険の被保険者であって、次のすべてに該当する方

      1.世帯の国民健康保険被保険者全員が65歳から74歳

      2.年金額が年額18万円以上で、国民健康保険料と介護保険料を合わせて年金額の2分の1を超えない

  ※複数の年金を受給されている場合でも、特別徴収の対象となる年金は老齢基礎年金が優先されます。 

令和3年度の差し引き月

   保険料の差し引き月は令和3年4月・6月・8月・10月・12月・令和4年2月です。

      ※4月と6月は保険料決定前のため令和3年2月の保険料と同じ金額となります。(仮徴収)

        毎年2月頃に「国民健康保険料仮徴収のお知らせ」で事前に差引き金額を通知いたします。

        年間保険料は6月に決定し、既に納付いただいた金額と調整を行い、8月以降の差し引き金額を通知いたします。

 

新たに対象となる方

   令和3年度の途中に年金からの差引の対象となる方には、事前に「国民健康保険料の特別徴収について」というお知らせをお送りします。その際、口座振替での納付を希望(申し出)された場合は、年金からの差し引きは実施せず、普通徴収にすることができます。

 また、現在口座振替の方は年金からの差し引きには移行せず、原則として引き続き口座振替によるお支払いとなります。 

 

特別徴収が中止となる方

 下記のいずれかに該当する場合、特別徴収(年金からの差引)は中止となる場合があります。

  1. 世帯主が令和3年度中(令和4年3月まで)に75歳になる場合
  2. 前年度中に同一世帯に65歳未満の被保険者が加入していた場合
  3. 前年度と比較して令和3年度の保険料が大幅に増額または減額になった場合
  4. 世帯主が品川区の国民健康保険の資格を喪失した場合(転出・社会保険加入・死亡など)

 

お問い合わせ

国保医療年金課資格係
 電話:03-5742-6676 
 FAX:03-5742-6876