新型コロナウイルス感染症関連の傷病手当金(後期高齢者医療制度)

更新日:令和4年3月4日

東京都後期高齢者医療制度の加入者が新型コロナウイルス感染症に感染した場合、又は発熱等の症状があり感染が疑われることにより会社等を休み、事業主から十分な給与等が受けられない場合に傷病手当金が支給されます。

対象者

次の全てに該当する方

(1)東京都後期高齢者医療制度の加入者であること。
(2)新型コロナウイルス感染症に感染し、又は発熱等の症状があり感染が疑われることにより、療養のため労務に服することができなくなったこと。
(3)3日間連続して仕事を休み、4日目以降にも休んだ日があり、4日目が令和2年1月1日から令和4年6月30日までの間に属すること。
(4)給与等の支払いを受けられないか、一部減額されて支払われていること。

 ※個人事業主の方は対象となりません。

 ※申請には医療機関や事業主からの証明が必要となります。

 ※申請を希望する場合は、事前にお電話で「広域連合お問合わせセンター」へお問い合わせください。

支給額

(直近の継続した3カ月間の給与収入の合計額÷就労日数)× 3分の2 × 支給対象となる日数

 ※一日当たりの支給額に上限があります。 

支給対象期間

労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日からその労務に服することができない期間のうち、就労を予定していた日(最長1年6カ月間)

申請方法

指定の申請書等を東京都後期高齢者医療広域連合へ直接郵送してください。
申請書等は、東京都後期高齢者医療広域連合ホームページ(別ウィンドウ表示)をご覧ください。

お問い合わせ

広域連合お問合せセンター
電話:0570-086-519
FAX:0570-086-075
※PHS・IP電話の方は 電話:03-3222-4496

国保医療年金課高齢者医療係
電話:03-5742-6736
FAX:03-5742-6741