グローバルナビゲーション

「伝統の技と味/しながわ展」

更新日:2019年2月26日

品川区には、歴史にはぐくまれた様々な伝統工芸や伝統の味が今に引き継がれています。毎年「伝統の技と味/しながわ展」を開催し、技と味のすばらしさを紹介しています。

第29回「伝統の技と味/しながわ展」

日時/平成31年2月2日(土)・3日(日)午前10時~午後5時(※3日は午後4時30分まで)

※第29回「伝統の技と味/しながわ展」は終了しました。
 次回は平成32年1月25日(土)・26日(日)に実施予定です。

会場/きゅりあん7階イベントホール(大井町駅前)
共催/品川区伝統工芸保存会

※両日とも先着100人の方にプレゼント進呈


◆伝統の技(実演者)
 ・浮世絵摺り(伊藤太郎) 
 ・江戸切子(川辺勝久) 
 ・江戸すだれ(鈴木祐二)
 ・帯仕立て(溝口悌子)
 ・金網(蔦勇作)
 ・草木染手機織物(藤山千春・藤山優子) 
 ・畳(松井雅治) 
 ・提灯文字(下田洋靖)
 ・東京桐箪笥(林正次・林英知) 
 ・東京手描友禅(成沢泰昭)
 ・陶芸(シマムラヒカリ) 
 ・日本刺繍(笹原木実)
 ・表具(佐野文夫) 
 ・仏像彫刻(榎本宣道)
 ・理美容鋏製造(新保欽二) 
 ・和裁(釼持博) 
 ・和裁(高橋紀子)
 ・和竿(大石稔)

◆伝統の味
 ・小川畜産(肉うどん)
 ・小澤商店(お茶) 
 ・木村家(和菓子ほか) 
 ・丸田商店(シュウマイ)
 ・ヨシナカブレッド(パン)

◆職人さんを知ろう~和裁~(高橋紀子)
  両日とも 午後0時30分から
  和裁は、留め袖、振り袖、訪問着、長じゅばん、羽織、ゆかたなどを、着る人の体型に合わせて裁断し手で縫う仕事です。
  古くなったり体形が変わっても、仕立て直せば新品同様に生まれ変わります。
  縫う技とともに着物の良さを知りましょう。

◆ふれあい教室(各教室定員10人、抽選)
  職人さん指導による実技教室です。
 【2月2日(土)】
  ・ワンポイント刺繍(日本刺繍) ※ハンカチに刺繍をします。
   午前10時30分から午後0時30分(受講料1,000円)
  ・ペン立て(東京桐箪笥)
   午後2時から4時(受講料1,600円)
 【2月3日(日)】
  ・すだれランチョンマット(江戸すだれ)
   午前10時30分から午後0時30分(受講料700円)
  ・竹ストラップ(和竿)
   午後2時から4時(受講料1,000円)
 【申込方法】
  1月25日(金)までに電話かFAX(希望の内容・住所・氏名・年齢・電話番号を記載)でお申込みください。
  申込先:商業・ものづくり課管理係(電話:5498-6335 FAX:3787-7961)
  ※状況により、当日追加受付できる場合がございますのでご相談ください。

◆邦楽演奏
 品川区邦楽連盟による演奏
 両日とも午後1時30分から2時

◆その他
 ・お茶席
 ・品川職人組販売コーナー
 ・お子さまコーナー(未来の名工大集合、バルーンアート)
 ・出張マルシェ(旬の野菜・果物ご紹介と販売)
 ・しながわみやげ展示コーナー
 ・おいしいコーナー
 (両日とも正午より先着100人に甘酒無料配布、特価100円(内容は日替わり)コーナーなど

技と味展(技)技と味展(味)技と味展オープニング28
お問い合わせ

商業・ものづくり課
電話:03-5498-6335

Adode Reader

本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™(無料提供)が必要です。お持ちでない方は、Adobe® Reader™をダウンロードして下さい。