グローバルナビゲーション

写真で綴る品川の60年

更新日:2007年5月30日

旧区役所前を走る東京オリンピックの聖火
昭和22年3月に品川区と荏原区が合併し、新しい品川区が発足して今年で60周年を迎えることを記念して、品川歴史館巡回展「写真で綴る品川の60周年」を行います。

これは、当時の東京35区の中で最も空襲の被害の大きかった荏原区など、区域の大半が焼け野原となりながらも、戦後の復興を遂げ、産業や文化の伝統を守るとともに、情報発信都市として世界に大きく羽ばたこうとする品川のまちのうつりかわりや区政の流れを紹介した写真を展示し、60年を振り返ろうと言うもの。

写真は、品川区や品川歴史館が所蔵するもので、焼け野原の荏原地区に始まり、復興するまちなみや区民の暮らし、海に接する品川の海苔漁や灯台、活気ある武蔵小山商店街や戸越銀座商店街などから、昨年4月に開校した全国初の小中一貫校日野学園に至るまでの約130点。

ご婚約当時の美智子皇后が旧正田邸の窓から手を振るようすや、旧品川区役所庁舎前を走り抜ける東京オリンピックの聖火、大井競馬場出身の人気馬ハイセーコーなど、区民でなくても当時に思いを馳せることができます。入場無料。

(1)品川区役所第二庁舎3階ロビー:1月17日(水)~2月23日(金)土・日・祝日休館 9:00~17:00

(2)総合体育館:2月28日(水)~3月11日(日)会期中無休 9:00~21:00

(3)荏原文化センター:3月14日(水)~3月25日(日)会期中無休 9:00~17:00