グローバルナビゲーション

区政60周年を記念して大商業まつりを開催

更新日:2007年6月4日

区政60周年を記念して大商業まつりを開催
3月27日(火)、品川区商店街連合会、品川区商店街振興組合連合会は、区政60周年を記念して、「商店街大好き!良い品、良い人、良いお店大集合」と銘打って、品川総合区民会館「きゅりあん」を会場に、「大商業まつり」を開催しました。

「大商業まつり」では、昨年、「品川の一番店発見プロジェクト」で認定された「マイスター店」40店や独自に地域ブランドを開発しているお店、「つまみ食いツアー」に参加したお店などが集合する「地域ブランド商品、マイスター店大集合」を午前11時から開催。自慢の商品の試食・即売コーナーには大勢の人だかりができていました。

また、午後6時15分からの「商店街大好き!わがまちこそ品川で一番!」では、地域自慢のイベントや自慢のお店、自慢のパフォーマンスなどを各地域が、それぞれ15分ほどの時間を使って、趣向を凝らした「わがまち」自慢を披露し、競い合いました。抽選会も実施され、40人に品川の地域ブランド商品が当たりました。

この他、しながわ観光協会では、今年度実施した商店街つまみ食いウォークや東海七福神巡りの大きな反響を受け、傍聴者も自由に参加し、観光事業やまちの活性化などへの取り組みや観光資源の発掘・活用などを討論する「しながわ観光わいわい討論会」を午後4時から実施。水辺やまち歩き、ボランティアガイド、商店街の関係者などが夢を語り合いました。