グローバルナビゲーション

しながわ区民公園でベニバナトチノキが見ごろ

更新日:2007年6月4日

ベニバナトチノキとキングサリ

しながわ区民公園(勝島3丁目)に植樹されているベニバナトチノキの花が見ごろになり、訪れた人の目を楽しませています。

ベニバナトチノキはマロニエとアカバナトチノキとの交配種です。水族館口を入ってすぐ右手に植樹されたトチノキは、2本。ともに高さが約5メートルほどで緑の葉の間から赤い花を覗かせ、クリスマスツリーのよう。

鮮やかな黄色の鎖が垂れ下がったような花はキングサリ。この日は真夏のような暑さのなか、ハチが蜜を集めに来ていました。

そのほか公園を散策すると、バナナのような甘い香りをさせるカラタネオガタマ、白い花で秋には赤い実をつけるピラカンサ、紅白のシャクナゲなどの花も咲いています。

また区民公園では19日(土)・20日(日)に、花と緑の展示会を開催します。散策と花探しに出かけてみてはいかがでしょう。

●花と緑の展示会

会場/しながわ区民公園噴水広場(勝島3-2)
日時/5月19日・20日ともに午前9時~午後4時(小雨決行)
内容/花苗プレゼント(午前10時・午後2時の2回、各回先着100人)・フラワーアレンジメント講座(要申込)・花苗の展示販売・しながわ水族館による水槽展示など

問合せ・申込/しながわ区民公園管理事務所 電話3762-0655