グローバルナビゲーション

蝶の道プロジェクト(八潮小)

更新日:2007年5月29日

蝶の道プロジェクト(八潮小)
蝶の道プロジェクト(八潮小)蝶の道プロジェクト(八潮小)
5月29日、八潮小学校で蝶のためのレストラン、食草園づくりが行なわれました。

この取り組みは「蝶の道プロジェクト」として、今年度から品川区がNPO法人「エコタウンしながわ」に委託して行なっているもの。蝶が生息できる環境づくりを通して、子どもたちに命や自然の大切さを学んでもらうのが目的です。

八潮小学校では、3年生25人が理科の授業で食草園づくりをしました。講師は「エコタウンしながわ」の南孝彦さん。広さ二畳ほどの学級園にアシタバやミカンの苗木など蝶が好む植物を植えました。

まず花壇に腐葉土を入れて耕します。次にウマノスズクサの根、パセリ、ランタナ、マリーゴールドなどを植えました。最後にミカンの苗木を植樹し、たくさん水をやって食草園づくりはおよそ1時間で終了。今後も3年生が草とりや経過観察をしながら蝶が来るのを待ちます。

この「蝶の道プロジェクト」には小学校や児童センター、企業、ボランティアなどが参加。蝶の食草園は現在区内に20ヶ所以上あります。このまま順調に蝶の道が広がれば、秋には各地で蝶の観察会が行なわれる予定です。