グローバルナビゲーション

荏原地区タウンミーティング

更新日:2007年7月9日

荏原地区タウンミーティング
荏原地区タウンミーティング荏原地区タウンミーティング荏原地区タウンミーティング荏原地区タウンミーティング荏原地区タウンミーティング荏原地区タウンミーティング
7月7日(土)、濱野区長と区民の皆さんが直接語り合う第4回タウンミーティングが、荏原文化センターで開かれました。

荏原地区には品川区の40%の方が住んでいることから、6月17日と2回に分けて実施。今回は、荏原地域のまちづくりをテーマに、シルバー大学に通う方や、小学校の外部評価委員をしている方など荏原地区にお住まいの14人が参加しました。

発言の内容は「(大井地区にある)いきいきラボ関ヶ原のような施設を荏原地区にもつくってほしい」や「中長期的な区の防災対策について知りたい」など様々。

教育に関しては品川区が取り組む小中一貫教育についての意見が多く、濱野区長は「小中一貫教育は義務教育に対する信頼を回復させるために進めています。新しいことを始める時には、いろいろなご意見が出ることは承知しています。派生するいろいろな問題は、取り組んでいる制度の中で良い面を伸ばし、悪い面を改善しながら解決していかなければならないと考えています。」と話しました。

ほかにも、障害者への情報の充実を求める声や、町会活動をもっと紹介してほしいなどの提案に、濱野区長は深くうなずきながら聞き、一つ一つ丁寧に答えていました。