グローバルナビゲーション

中越沖地震に義援金

更新日:2007年8月10日

中越沖地震に義援金
品川区は8月10日、先の中越沖地震で甚大な被害を受けた新潟県に、義援金1,865,365円を贈りました。

この義援金は被災者救済の一助として、濱野区長をはじめとする区職員・教職員2,893人から募金されたものです。10日午後、品川区の田中清朗総務部長が千代田区の新潟県東京事務所を訪問し、義援金を上村健一所長へ手渡しました。

義援金を受け取った上村所長は「品川区職員・教職員の皆様から義援金をいただき、ありがとうございます。1日も早く復興できるよう、皆様の義援金を有効に使わせていただきます。新潟県は元気に頑張ってまいります。」と語っていました。

このほか品川区では7月27日、被害の大きかった柏崎市の要請をうけ、ブルーシート250枚を被災地へ送っています。