グローバルナビゲーション

消防団合同点検

更新日:2007年10月7日

合同点検1
合同点検2合同点検3合同点検4合同点検5合同点検7
10月7日(日)、大井競馬場第四駐車場を会場に、品川、大井、荏原消防団3団による平成19年度消防団合同点検が開催されました。

各消防団員の皆さんは、きびきびとした行動で、点検者である東京消防庁消防総監代理の野口救急部長を先頭に濱野区長などによる部隊検閲をはじめ、改正心肺蘇生法の展示、情報収集伝達、道路啓開、救出救護活動、消火活動など、日ごろからの訓練による技術を披露しました。

心肺蘇生法の展示の際には、展示を行っている団員の方から「区長さん。119番をお願いします」と協力を求められる場面もありました。

講評では、まず、野口救急部長から「これだけの他職種の構成メンバーが集まっているグループはないと思う。この特殊技能班などをはじめ、他職種の集まりが、災害対応力の強さであると思います」と賛辞の言葉があり、濱野区長からは、「日ごろからの精進に加え、消防団員を支えている家族の皆様にも心から敬意を表します。品川区も一体となって消防団員の皆さんとともに、安全安心のためのまちづくりを進めてまいります」という労いかつ期待を込めた講評がありました。