グローバルナビゲーション

屋上庭園田んぼで稲刈り

更新日:2007年10月10日

稲刈り1
稲刈り2稲刈り3稲刈り4稲刈り5
10月10日(水)、品川区役所屋上庭園の田んぼで、区立二葉幼稚園の5歳児の子どもたち17人が、稲刈りを楽しみました。

今回収穫した米は、「モチミノリ」という種類のもち米で、今回の子どもたちが5月16日に田植えをしたものです。大型プランターに土を入れたおよそ12平方メートルの区職員お手製田んぼには、「モチミノリ」が、その名のとおりたわわに実り、今日まで毎日、雀たちがついばみにきていたほど豊作です。

お手製田んぼは、浅く、水はけもよいために、田植え以降は、およそ4ヶ月間、休日も含め毎日、区職員ボランティアが水を絶やさないように交替で世話をして大切に育ててきました。

子どもたちは、ボランティア職員の「稲を植えたことを覚えている人」の問いかけに、「ハーイ」と元気よく答えた後、鎌を見つけると、「これで切るんだ。怖い」と最初は尻込みしていましたが、繰り返し稲を刈り、手順を覚えてくると手伝っているボランティア職員の心配もよそに、「いっぱいとれたよ。楽しかった」と満願の笑顔をはじけさせました。

また、刈り取って束ねた稲を自分の背よりも高い「はざかけ」にしっかりと干す作業も手伝いました。

今回収穫された「モチミノリ」はおよそ10キログラム。子どもたちは、お餅を食べることを楽しみにしています。