グローバルナビゲーション

しながわ水族館『しな水 くらべる大百科』

更新日:2010年3月23日

「体重」1
入口「声」1「声」2「見え方」「鼻息」「歯」1「声」3「体重」2「歯」2
しながわ水族館(勝島3-2-1)では、3月20日(土)~5月10日(月)まで、春の特別展示「しな水 くらべる大百科~こんなに違う 海のなかまと私たち~」を開催しています。

これは、イルカやペンギンなど、海の仲間たちの能力や体の特徴を体験しながら比較することで、今まで知らなかった海の生物の驚きの生態について、楽しみながら学ぼうというものです。

コーナーは、「泳ぐ速さ」「体重」「鼻息」「見え方」「歯」「筋肉」「声」に分かれて展示されていて、この日は、春休みで訪れた家族連れや、子どもたちで賑わっていました。

「体重」コーナーでは、イルカ、セイウチ、シロワニなどの模型をシーソーの片側の皿に乗せ、それぞれ人間何人分の重さかを予想して、反対側の皿にヒトの模型を乗せます。子どもたちは、セイウチやイルカが予想以上に体重があることを知ると「スゴイ!」「おっきい!」と、興奮した様子をみせていました。

そのほか、親ペンギンの声を当てる「声」コーナーや、魚の赤身と白身の筋肉の違いを説明する「筋肉」コーナー、魚やヒトデは海の世界をどのように見えているのか魚眼レンズで紹介する「見え方」コーナーなど、趣向を凝らした展示が用意され、今まで知らなかった海の生き物の生態について知ることができます。

春休みで、埼玉県から訪れたという中学3年生は「こういうことを知る機会はなかなかないし、水槽を見たり、楽しみながら学べるのでいいと思う」と話していました。

また、しながわ水族館では、4月1日(木)から、65歳以上の方を対象とした「シルバー料金」が新たに新設され、年齢・生年月日が確認できるものを窓口で提示すると、100円の割引を受けられます。

皆さんも春休みのお出かけにぜひお越しください。