グローバルナビゲーション

「しながわ花海道」勝島運河の菜の花満開 桜も間もなく見ごろ

更新日:2010年3月30日

しながわ花海道
しながわ花海道しながわ花海道しながわ花海道しながわ花海道しながわ花海道しながわ花海道
3月30日(火)、勝島運河の護岸、「しながわ花海道(東大井2)」の菜の花が満開となり、桜も間もなく見ごろを迎えようとしています。土手の斜面沿いの菜の花は、黄色いじゅうたんのようにおよそ2キロにわたって咲き誇り、道行く人を楽しませています。土手の外側の桜は全体的に2~5分咲きの状況で、もう間もなく黄色とピンクの美しいコラボレーションが見られるようになります。
しながわ花海道は、平成14年に「勝島運河の土手に花畑を作ろう」を合言葉に、立会川商店街と鮫洲商店街が中心になって「しながわ花海道プロジェクト」を設立。菜の花は、地域の小学校や児童センターの子どもたち、周辺住民、商店街の人たちなどが秋に種まきをし、住民が自主的に管理運営して、自分達の畑のつもりで楽しみながら育ててきました。
花海道には、坂本龍馬ゆかりの地「土佐藩鮫洲抱屋敷跡」があり、浜川砲台もこの辺りにあったのではないかと言われています。この日も高知県出身という親子連れが土佐藩鮫洲抱屋敷跡を訪れ「東京に住んでいると高知にはなかなか帰れないから、龍馬ゆかりの地を見に来ました」。また、最寄り駅の立会川駅近くの北浜川児童遊園には、高知市から寄贈された坂本龍馬像があります。立会川周辺では飲食店で龍馬にちなんだメニューが並ぶなど、龍馬一色で盛り上がりを見せていますので、是非、お越しになってみてはいかがでしょうか。