グローバルナビゲーション

幼保一体施設第一日野すこやか園が開園

更新日:2010年6月2日

第一日野すこやか園が開園00
第一日野すこやか園が開園11第一日野すこやか園が開園22第一日野すこやか園が開園33第一日野すこやか園が開園44第一日野すこやか園が開園55第一日野すこやか園が開園66
6月1日、幼保一体施設の第一日野すこやか園が開園しました。

第一日野すこやか園は、五反田文化センター、図書館、第一日野小学校、教育センターとの教育複合施設の中に、既存の第一日野幼稚園と新設の西五反田第二保育園が一体となり、子どもたちの教育・保育を行なう区内初の幼保連携並列型、緊急待機児対策の一つの施設で、幼稚園定員70人、保育園定員は130人、合計定員200人の園です。

この日、真新しい園舎に初登園した子どもたちは、保護者の見守る中、3歳児11人、4歳児38人、5歳児26人が「こんにちはのかい」を行いました。丸山幼稚園長、大島保育園長の話の後、5歳児による歓迎の言葉と「君たち、今日からともだちさぁ」と大きな声で歌を披露。続いて、手遊びでは、子どもたちは全員、一生懸命に先生の動作を真似していました。会の最後は、まだ、すこやか園の歌がないために、第一日野幼稚園の歌を全員で歌って、終了しました。

丸山園長は、「プラネタリウムのある教育複合施設と同じ施設内にいるので、そのメリットを活かしながら、人とかかわる力をつけてもらえるようにしたい」と今後の抱負を述べました。

今後は、子どもたちが新園舎での生活に慣れたころの7月に記念式典を開催する予定です。