グローバルナビゲーション

150メートルのジャンボのり巻きづくりに挑戦

更新日:2010年8月27日

ジャンボのり巻き大会
ジャンボのり巻き大会ジャンボのり巻き大会ジャンボのり巻き大会ジャンボのり巻き大会ジャンボのり巻き大会ジャンボのり巻き大会
8月26日(木)午後5時30分から荏原町商店街(品川区中延5-3~6-1)で、「ジャンボのり巻き大会」が行われました。これは商店街のお祭り「ちびっ子集まれ子供縁日」の中で行なわれるもので、今年で25回目を迎えました。
 この取り組みは、子どもから高齢者までが参加し、みんなで楽しくのり巻きをつくることが高く評価され、平成19年度東京都産業労働局主催の第3回東京商店街グランプリイベント部門で準グランプリを受賞しました。
 のり巻きは、年ごとに長くなり今年は150メートルになりました。幼稚園児、小学生など約 500人が挑戦しました。またスタッフとして、秀の料理人20人のほか、商店街の役員、婦人部やボランティアの中高生およそ200人が参加しました。
 荏原町商店街の通称弁天通りの道路上には一直線に台が整列しました。まずは東京湾でとれた長さ150メートルの焼き海苔を置き、その上に寿司飯約450キロを乗せました。その中に、玉子焼き19センチ×880本、きゅうり800切、かんぴょう5.5キロ、かまぼこ30センチ×520切、おぼろとデンブ55キロの具を入れました。今回は、東京産のしいたけや、荏原の地名の由来となった「荏胡麻」も具材として使用。寿司飯の上に具を乗せ、全員で一斉に巻き上げ、長いのり巻きが完成すると歓声があがりました。でき上がったのり巻きは、参加した子どもたちに参加賞として配られるほか、チャリティーで販売もされました。
 参加した小学生は、「寿司飯を海苔の上に広げるのが難しかった」「のり巻きを巻くのがきれいにできて楽しかった」「150メートルという長さに驚いた」など、笑顔で話していました。