グローバルナビゲーション

区民芸術祭プルミエコンサート第3弾スニーカーで名画座へ

更新日:2010年9月13日

100910バンドマスター福田裕彦さん
100910スニーカーで名画座へ1100910スニーカーで名画座へ2100910スニーカーで名画座へ3100910スニーカーで名画座へ4100910スニーカーで名画座へ5100901スニーカーで名画座へ6100910スニーカーで名画座へ7
9月10日、六行会ホールで、区民芸術祭プルミエコンサート第3弾「スニーカーで名画座へ」が開催されました。

「スニーカーで名画座へ」は、プルミエコンサート総合プロデューサー高野二郎さんの友人で、作編曲家のほか、ゲーム音楽、映画音楽も手がけ、マルチに活躍している福田裕彦さんをバンドマスターに、芸術祭を記念して結成されたスペシャルユニット「瞬間的弦楽四重奏団プラスα」の皆さんによる演奏です。

訪れた皆さんは、第一部、映画の中で使われた、なじみの深いクラシックの名曲の数々、第二部、福田さんの軽妙トークと楽器を使った実験を交えた映画音楽を楽しみました。

区民芸術祭プルミエコンサートは、明日11日、荏原文化センターを会場に、午後4時から第4弾オーディション受賞者による記念演奏会「新人演奏会」が開催されます。