グローバルナビゲーション

世界初の成年後見法世界会議で山田副区長が特別講演

更新日:2010年10月5日

成年後見法世界会議
成年後見法世界会議成年後見法世界会議成年後見法世界会議成年後見法世界会議
10月3日(日)、「成年後見法」初の世界会議となる「成年後見法世界会議」が横浜市内のパシフィコ横浜で行われ、山田恵美子品川区副区長が特別講演をしました。

この会議は2~4日の3日間、「超高齢社会を支える成年後見-誰でも利用できる制度とするために」をテーマに、日本、欧米、韓国など約20カ国の司法関係者が集まり、認知症や精神疾患、知的障害など判断能力が低下、不十分な人の財産管理や権利を擁護する成年後見制度の現状やあり方、課題が話し合われました。

山田副区長は3日午後、「支援組織を中心として」をテーマにした特別講演に登壇し、「品川区における成年後見制度の到達点」と題して、参加者約200人に向けて、品川区が先進的に取り組んでいる成年後見制度についての取り組みを説明しました。