グローバルナビゲーション

区役所屋上庭園で稲刈り

更新日:2010年10月6日

稲刈り1
稲刈り2稲刈り3稲刈り10稲刈り8稲刈り5稲刈り6稲刈り9稲刈り7
10月6日(水)、品川区役所(広町2-1-36)の屋上庭園の田んぼで、区立二葉幼稚園(二葉1-3-24)の子どもたち15人が稲刈りを体験しました。

区役所屋上には、ヒートアイランドの緩和等を目的に庭園が設置されていて、ボランティアの職員が水遣りなどの世話をしています。田んぼもボランティアの職員の手作りで、大型プランターにビニールシートを敷き、土と水を入れた約17平方メートルです。

区役所では、6年前から田植えと稲刈りを行っていて、毎年、二葉幼稚園の子どもたちが手伝いに来ています。今回収穫した稲も5月に同園の子どもたちが田植えをしたものです。

収穫された稲は「モチミノリ」という品種のもち米。ボランティアの職員によると「今年はだいぶスズメに食べられてしまった」とのことでしたが、収穫量は約10kgと、まずまずのできです。

この日は、晴天に恵まれ、涼しげな風が吹く絶好の稲刈り日より。子どもたちは、ボランティア職員から「鎌を使うので職員の言うことを聞いてケガをしないように」と注意を受けた後、早速、軍手をはめて鎌を握り職員と一緒に稲刈りをしました。

一束の稲でも子どもの力ではなかなか切れませんが、職員の指導で作業を進めるうちに、子どもたちはどんどん上達していき、「最初は(刈るのが)大変だったけど、けっこう慣れてきた」と、笑顔を見せていました。

子どもたちは、作業を終えると、刈り取られた田んぼの中からワラジムシやミミズなど小さな生物を捕まえたりしながら、「稲刈り楽しい!」と、都会の生活では普段なかなかできない“土とのふれあい”を楽しんでいました。