グローバルナビゲーション

高齢者ゲートボール大会

更新日:2010年10月27日

高齢者ゲートボール大会
優勝杯返還山田副区長始球式高齢者ゲートボール大会
10月27日(水)、西大井広場公園で、第30回品川区ゲートボール大会が開催されました。

これは、品川区と品川区社会福祉協議会が共催し、品川区高齢者クラブ連合会の後援で行われました。

この日の東京の最高気温は15度で、寒い朝となりましたが、天気は晴れてゲートボール日和。16チームが参加し、開会式が行われました。開会式では、前年優勝の森下長寿会による優勝杯返還に続いて、山田副区長、品高連の香取会長、品川区社会福祉協議会の石井会長が挨拶しました。始球式では、山田副区長、香取会長石井会長らが挑戦し、見事ゲートを通過すると参加者から拍手が沸き起こりました。続いて、寿々和会の代表者が選手宣誓をしました。

16チームの参加者のみなさんはは寒さに負けず大きな声を出しながら、日ごろの練習の成果を存分に発揮していました。

結果は、優勝は中三寿会、第二位は豊町六丁目長生クラブ、第三位は滝王子寿会となり、幕を閉じました。