グローバルナビゲーション

伊藤保育園で秋の味覚のやきいも会

更新日:2010年11月4日

伊藤保育園やきいも会
ホールでサツマイモについて学ぶ熱心に聞き入る子どもたちパネルシアターやきいもに目を輝かせる子どもたち児童センター幼児クラブの児童達やきいもを頬張る子ども達仲良しやきいも準備中
11月4日(木)、伊藤保育園の園庭で秋の味覚を楽しむ「やきいも会」が開催されました。

 この日は、併設する伊藤児童センターを利用する地域の在宅子育て中の親子が約20組参加する中、園庭の隅で園児たちが栽培したサツマイモを加え、たき火でやきいもを作りました。
 
 まず年長児たちがアルミホイルで芋を包み、たき火の中へ次々と入れました。その後やきいもの火の番は保育士に任せ、子ども達は室内ホールに移動。やきいもが焼きあがるまでの時間を使って、サツマイモについて学びました。
 保育士が丸いじゃがいもの様なサツマイモを見せると、子ども達は興味深そうに熱心に見入っていました。

 ホールから園庭に戻ると、待ちに待ったやきいもが焼き上がり、子ども達は手渡されたやきいもを「熱い!」「おいしい!」と口いっぱいにほお張りました。
 「もっと食べたい!」とおかわりをする子もたくさんいて、笑顔があふれるやきいも会となりました。