グローバルナビゲーション

日野学園学校防災訓練

更新日:2010年11月8日

日野学園学校防災訓練
日野学園学校防災訓練日野学園学校防災訓練日野学園学校防災訓練日野学園学校防災訓練日野学園学校防災訓練日野学園学校防災訓練日野学園学校防災訓練日野学園学校防災訓練日野学園学校防災訓練日野学園学校防災訓練日野学園学校防災訓練日野学園学校防災訓練
11月6日、日野学園で、地域防災スクールモデル事業の一環として、学校防災訓練が行われました。

この学校防災訓練は、日野学園7年生、PTAや父親たちで結成している日野学園サポーターズ、日野学園を学校避難所として指定されている町会・自治会の皆さんが参加して、地域の消防団、消防署の指導により簡易トイレの組立、煙体験・消火器体験、応急手当、AED操作、アルファ化米炊き出しの訓練を行いました。

代表生徒の井上さんの「いつ災害が起きてもおかしくない時です。起きた後では遅いので、今、学び、地域の人と交流を深めましょう」というあいつさで訓練は開始されました。

子どもたちは、町会・自治会の皆さんと一緒に簡易トイレの組立を行い、また、簡易担架の作り方など、地域の皆さんと交流を深めながら体験しました。

訓練の最後には、今年の夏から7年生の希望者が取り組んできたミニポンプの操法を披露し、満場の拍手を浴び、訓練は終了しました。

※地域防災スクールモデル事業に必要な資器材は、宝くじの助成金で整備しました。