グローバルナビゲーション

大崎ビジネスクラブ共催 「第1回ビジネス創造コンテスト」表彰式を開催

更新日:2010年11月12日

第1回ビジネス創造コンテスト
第1回ビジネス創造コンテスト第1回ビジネス創造コンテスト
11月12日(金)、品川区中小企業センターにて「第1回ビジネス創造コンテスト」の表彰式が開催されました。

このコンテストは、品川区と大崎ビジネスクラブが共催で実施したもので、「環境」、「健康福祉」、「情報通信」、「生活安全」の4分野における身近な社会課題の解決に向けた新規ビジネスに繋がるテーマを募集したものです。7月23日の大崎ビジネスクラブの設立総会から募集を開始し、延べ50件の応募がありました。

第1次審査(品川区ビジネスカタリストによる書類審査)、第2次審査(大崎ビジネスクラブ会員による投票)を経て、最終審査を大崎ビジネスクラブ運営委員会が行い5件の奨励賞を決定しました。

5件の奨励賞を受賞した方および開発テーマは次のとおりです。
・吉澤 昌純 氏  「穿刺型超音波顕微鏡の開発」
・石川 洵 氏   「発電機能をあわせ持つ、風車を用いたビル風対策システム」
・米内 淨 氏   「初期痴呆症用タイマーつきピルケース」
・小松 宏輔 氏  「近隣安全システム」
・川田 誠一 氏 「自動車用メッセージボードの 開発」

受賞者には、賞状および賞金(5万円)が、大崎ビジネスクラブ代表 石島 辰太郎 氏(産業技術大学院大学 学長)より授与されました。今後はこれらのテーマを中心に、大崎ビジネスクラブ内に研究会を発足させ、コーディネーターを配置しながら技術支援から販路開拓支援までのサポートを行っていく予定です。

また表彰式終了後には、国際化JP株式会社代表取締役 末廣 陽一 氏による「ソフトウェア業界から見たビジネスの創造とグローバル展開への期待」というテーマで記念講演が開催されました。

品川区は、今後も大崎ビジネスクラブと連携し、第1回ビジネス創造コンテストの実施等、ものづくりに関する新規ビジネスの創出を目指していきます。