グローバルナビゲーション

介護者激励のつどい

更新日:2010年11月22日

介護者激励のつどい
介護者激励のつどい介護者激励のつどい介護者激励のつどい介護者激励のつどい
11月22日(月)、御殿山ガーデン・ホテルラフォーレ東京で、「品川区介護者激励のつどい」が開催され、在宅でご家族等の介護にあたっている方など、245人が出席しました。

これは、要介護高齢者を介護している方を対象に、体験発表会や交流会等を実施し、介護者同士の交流を深め、日ごろの心労の回復を図るとともに、永年にわたり在宅で介護している方の顕彰を行い、その苦労をねぎらうことを目的に行われました。

式典では、はじめに主催者を代表して、濱野区長から「日ごろから家族の方々の身の回りのお世話、介護ということで日々、努力されていると思います。今日のような催しを通して、互いに激励しあえたら大変素晴しいと思います。品川区としても高齢者福祉を少しでも充実することで、恩返しをさせていただきたいと思っております」と挨拶がありました。

続いて行われた顕彰式では、高齢のご家族を永年にわたり介護している11人の方に、濱野区長から顕彰状が手渡されました。

また、介護体験発表では、大久保加代さんと畠山みつ子さん・西谷美和子さんが、それぞれの介護体験を壇上から発表。最後に、心身のリフレッシュのための講演・体操が行われ、椅子に座りながらできるストレッチ体操が紹介されました。