グローバルナビゲーション

近隣セキュリティシステム協力者研修会

更新日:2010年11月25日

近隣セキュリティシステム協力者研修会
近隣セキュリティシステム協力者研修会近隣セキュリティシステム協力者研修会近隣セキュリティシステム協力者研修会近隣セキュリティシステム協力者研修会
11月25日(木)、区役所講堂で、近隣セキュリティシステム協力者研修会が開催されました。

研修会は二部構成で行われ、第一部では、濱野区長の挨拶に続き、今年度に入ってからの「まもるっち」の発報に対する緊急対応事例について説明がありました。
その後、子どもが不審者に連れ去られそうになったとの想定で、「児童に扮した職員が『まもるっち』を実際に発報し、『児童の安全確認が必要』との判断から模擬協力員に対し緊急メールを送り、協力員が発報児童を見つけ児童の安全を確認する。」という、発報から協力員による児童の安全確認対応までの様子が披露されました。

第二部では、NPO法人子ども危険回避研究所の横矢真理所長による「子どもの見守りについて」と題する講演があり、「大人が子どもを守るためにできること」の話や来場者が一緒に考える「防犯Yes,Noクイズ」などが行われました。

出席した協力員は「今まで実際に出動したことは無かったけれど、模擬訓練の様子を見て、もし緊急連絡が来ても落ち着いて対応できそうです。」と話していました。
近隣セキュリティシステムが稼動してから今まで、協力員が実際の発報事例で出動したことはないです、万が一に備えて児童の見守りについて考えることができる研修となりました。