グローバルナビゲーション

大商業まつり開催 最後のMy・Star店が決定

更新日:2010年11月27日

大商業まつり My-Star店認定証授与式
認定証授与式受賞者濱野区長挨拶八百吉の織戸義男さん大商業まつり飲食模擬店コーナーまつりの賑わい来場者
11月27日(土)、中小企業センター(西品川1-28-3)で、品川区商連大商業まつりが開催され、今年で最後となるマイスター店の認定証授与式が行われました。

 このマイスター店の認定は平成18年度から始まり、今年は最終回の5回目。魅力のある個店をサポートしていくことで、商店街全体の活性化を図ることを目的にしています。今年は、区内の商店街から153店がノミネートされ、推奨店42店舗が選ばれました。
 これまでの5年間で、品川区内に200店のマイスター店が生まれたことになります。

 今回の区民投票の総数は、約71,000票を超えました。マイスター店を代表してあいさつした八百吉の織戸義男さんは「憧れていたマイスター店にやっと選ばれた。これからも元気に頑張っていきたい」と話しました。

 42店の選定は、区民投票と区民モニターによる実態調査をもとに審査会で決定。
 内訳は、サービス業4店、食料品6店、衣料品3店、生活用品3店、飲食店16店、菓子・パン5店、生花・薬など5店。また、惜しくも選外となったお店から、特に努力していると認められる6店に審査員特別賞が贈られました。

 このほか大商業まつりでは、品川区民吹奏楽団他によるコンサートや歌、ダンスパフォーマンスなどが披露されたり、築地のマグロ問屋の職人による黒マグロ解体ショー、品川の食の名店即売コーナーや飲食模擬店コーナーなど、盛りだくさんの内容で大勢の来場者を楽しませました。また、マイスター店に選ばれた店舗や協賛店からの選りすぐりの賞品が、先着1,000人に当たるお楽しみ抽選会が行われました。