グローバルナビゲーション

品川消防団員充足率100%達成を区長報告

更新日:2010年12月14日

品川消防団員充足率100%達成を区長報告
品川消防団員充足率100%達成を区長報告品川消防団員充足率100%達成を区長報告品川消防団員充足率100%達成を区長報告
12月14日(火)、田中品川消防団長と永井品川消防署長が区役所を訪れ、品川消防団員の充足率が100%を達成したことを濱野区長に報告しました。

品川消防団は今年の5月時点で、定員270人に対し、団員は232人で充足率85.9%と、決して高い数字はありませんでした。そこで、品川消防団と品川消防署は募集活動を強化し、地元町会・企業への働きかけや湾岸地域の企業団員を確保するなどしました。

中でも学生団員の確保は成果を上げ、今月1日に26人が入団して、充足率100%超えに至りました。これには濱野区長も「あれはいいアイデアでしたね」と独自の消防団活性策に敬意を表しました。

永井品川消防署長は「立正大学にお願いして26人も入っていただいた。女性の方が多かったです。でも、これからが大変。若い団員に興味を持ってもらって、長く続けてもらわないと」と充足率100%を継続することを見据え「品川消防署も(品川消防団を)全面的にバックアップします」と話しました。

品川消防団では、日頃から、自分たちのまちは自分たちで守るという災害に対する心構えを持ち、訓練を重ねています。