グローバルナビゲーション

品川区で放射線量等測定開始

更新日:2011年6月13日

品川区で放射線量等測定開始
品川区で放射線量等測定開始品川区で放射線量等測定開始品川区で放射線量等測定開始品川区で放射線量等測定開始
品川区は6月13日(月)、大気の放射線量、土壌、屋外プールの放射性物質について、専門の事業者に委託して測定を開始しました。

大気については、区内の沿岸部として品川保健センター(北品川3-11-22)、内陸部として荏原保健センター(荏原2-9-6)を測定場所として選定。品川保健センターは、隣接する目黒川沿い、荏原保健センターは中庭のいずれも地上1メートル地点で測定しました。大気についての測定値は、測定日翌日に区ホームページで公表します。

土壌測定は、この日は荏原平塚学園(平塚3-16-26)など6カ所の小・中学校、幼稚園・保育園、公園で土を採取。サンプル採取は、校庭や園庭の中央部分と、その周囲1.5メートル地点4カ所の計5カ所の土を混ぜる方法で行いました。

屋外プールは、城南第二小学校(東品川3-4-5)と旗台小学校(旗の台4-7-11)で実施。中央部分の水をひしゃくですくい、サンプルを持ち帰りました。

土壌と屋外プールの水に関しては判定に時間を要するため、測定日の3日~4日後に、区ホームページ等で区民に公表します。

今後の測定は、大気は品川保健センター、荏原保健センターを定点として、週1回測定。土壌は、毎週小・中学校2カ所、幼稚園・保育園2カ所、公園2カ所をローテーションで測定します。また、屋外プールは、本日サンプル採取した2校の測定結果で問題がなければ、区内全校でプール開きを行います。