グローバルナビゲーション

社会を明るくする運動街頭啓発

更新日:2011年7月1日

社会を明るくする運動街頭啓発
社会を明るくする運動街頭啓発社会を明るくする運動街頭啓発社会を明るくする運動街頭啓発社会を明るくする運動街頭啓発社会を明るくする運動街頭啓発社会を明るくする運動街頭啓発社会を明るくする運動街頭啓発
7月1日(金)、保護司会、PTA、町会、警察、区関係者などが集まり、社会を明るくする運動の街頭啓発が、武蔵小山、五反田、大崎ニューシティ、大井町、青物横丁、西大井、立会川の駅前と八潮団地で行われました。

社会を明るくする運動は、「犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ」を副題として、法務省が主唱して毎年7月を強調月間として全国で取り組まれています。

第61回を迎えた社会を明るくする運動では、主な四駅前で濱野区長が挨拶し、品川区では警視庁と連携して、「品川区民の安全向上に関する協働宣言」を締結したことや、区内の刑法犯罪の発生件数が年々減少傾向にあることを紹介しました。

武蔵小山駅前では、参加者がアーケードを歩きながら、標語入りのティッシュを配り広報活動を行いました。