グローバルナビゲーション

にじのひろば八潮 お披露目会

更新日:2011年9月5日

にじのひろば お披露目会
にじのひろば お披露目会にじのひろば お披露目会にじのひろば
9月5日(月)に「にじのひろば八潮」(八潮5-3-8)のお披露目会が行われました。

「にじのひろば」は、特別支援学校に通学する知的障害児の放課後や夏休みなどの長期休暇中の活動の場を確保するもので、これまで荏原地区に1カ所ありましたが、登録者の増加や、品川特別支援学校の開校に伴いニーズが高まったことにより、このたび、事業を拡大して八潮地区(旧教育センター跡地)にも新設したものです。

同施設は、「NPO法人どりいみんぐ」が、区からの委託を受けて運営するもので、夏休みに間に合うよう、7月21日から運営を開始していました。お披露目式では、「NPO法人どりいみんぐ」の中島住子代表理事は、「にじのひろば八潮の開設にあたりまして、地域の方々をはじめとしまして、関係各団体の方々に多くのご支援、ご助力をいただきありがとうございました」とお礼の挨拶を行いました。

山田副区長は、「障害のあるお子様の保護者の就労や介護疲れの休息のために、障害児の放課後の活動の場所を確保してほしいとの切実な要望から、にじのひろば事業の充実を図りました。今後も親御さんをはじめ、関係者のご意見をうかがいながら、障害児の福祉施設の充実を更に図っていきます」と挨拶しました。