グローバルナビゲーション

台場幼稚園PTAが文部科学大臣表彰受賞

更新日:2011年11月22日

文部科学大臣表彰受賞 台場幼稚園PTAが区長表敬訪問
表彰状を見せる濱野区長平成22年度本藤台場幼稚園PTA会長表敬訪問
11月22日(火)、区立台場幼稚園のPTA代表が、「平成23年度国公立幼稚園優良PTA文部科学大臣表彰受賞」を濱野区長に報告するため、区役所を訪れました。

台場幼稚園は、幼稚園と保育園が一体となって、保育や幼児教育を行う幼保一体施設です。
子どもを園に通わせる保護者には、在宅で子育てをしている保護者と、就労が要件となる保護者が混在しています。立場も異なり、かかわることの少ない保護者同士を繋ぐために、試行錯誤を繰り返しながらこれまでも様々なPTA活動を続けてきました。

平成22年度には、台場幼稚園を会場に東京都公立幼稚園PTA連絡協議会の子育て研修会を開催。地域との連携をとりながら全都幼稚園のPTAをリードし、会の成功に大きく貢献しました。

保護者同士お互いの育児環境の違いを乗り越え、補い合いながら幼稚園運営を支え、子どもたちの健やかな育成を目指す取り組みが評価され、今回の文部科学大臣表彰を受賞することになりました。

表敬に訪れた前年度のPTA会長の本藤克子さんは「PTAを始めた時はとても大変でした。次第に環境が整い順調に行うことができ、表彰につながりました」と受賞を報告しました。濱野区長は「伝統を守り続けて、『台場にはPTAあり』と言われるくらいに守り続けてください」と話しました。