グローバルナビゲーション

荏原保育園 おもちつき

更新日:2011年12月21日

もちつき
もちつきもちつきもちつきもちつき餅花づくり餅花づくり餅花餅花
12月21日(水)、荏原保育園(荏原2-16-18)で、「もちつき会」が行われ、園児約130人と地域の親子2組が参加しました。

もちつきは、毎年、新年を迎える前のこの時期に行われています。
ホカホカに蒸したもち米8キロを5回に分けて、子どもたちが交代でもちをつきました。
杵を持った子どもたちは、「よいしょ!よいしょ!」の掛け声に合わせて、よろけながらも一生懸命ついていました。
初めてもちをついた子どもは「楽しかった。早く食べたい」と話していました。

出来上がったもちは、食べやすいように小さく分けられ、しょうゆ餅・きなこ餅・あんこ餅となり、子どもたちはおいしそうに食べていました。

また、餅花も作られました。
餅花とは稲の豊作を願うためのもので、木の枝に紅白のもちを丸めてつけ、まるで頭を垂らした稲のように作ります。
子どもたちは、温かいもちを小さく丸めながら、食紅で色付けした赤いもちと交互につけていました。この日つくられた鏡餅とともに園内に飾られます。