グローバルナビゲーション

3校親睦百人一首大会

更新日:2013年1月22日

3校親睦百人一首大会
3校親睦百人一首大会3校親睦百人一首大会3校親睦百人一首大会3校親睦百人一首大会
1月22日(水)、区立城南小学校の体育館で、城南小学校、浅間台小学校、城南第二小学校の6年生122人が参加して、3校親睦百人一首大会が行なわれました。

これは、小中一貫教育の連携校として東海中学校グループの3つの小学校(城南小・浅間台小・城南第二小)の児童が、百人一首を通じて、良好な人間関係をつくることを目的とした行事の一つ。国語の教科指導として行われ、今回が7回目で、東海中学校8年生4人も参加しました。

はじめに東海中学校の生徒が、小学生を前にお手本を披露。児童たちは、素早く札を取る中学生のレベルに「早すぎる」と感嘆の声を上げていました。

大会は、3校の子どもたちが7人1チームの混成チームをつくり、チーム対抗で行われました。チームの顔合わせの際には一人ずつ自己紹介。大会が終わるころには、3校混成チームとは思えないほど打ち解けており、札を取るたびにハイタッチをしているチームもありました。