グローバルナビゲーション

品川シルバー大学修了式

更新日:2013年2月7日

品川シルバー大学修了式
品川シルバー大学修了式品川シルバー大学修了式品川シルバー大学修了式品川シルバー大学修了式
2月6日(水)、きゅりあんで品川シルバー大学修了式が行われました。

シルバー大学には、区内に住む60歳以上の方が参加でき、3年間で体系的に学習を深める「ふれあいアカデミー」と半期ごとに趣味や実技を楽しく学ぶ「うるおい塾」があります。この日は、平成22年に入学し「ふれあいアカデミー」を修了した120人が、修了証を受け取りました。

シルバー大学の学長である濱野区長は、式辞で「孔子の論語に『学びて時に之を習う、亦た説ばしからず乎』という有名な言葉があります。学んだことをその後にかみしめて、実践し、教えるということは喜ばしいことだということです。皆さんもシルバー大学で学んだものを自分だけのものにせず、他の人に教えて、学ぶ喜びを伝えてください。孔子はシルバー大学の初代学長だったかもしれませんね」と述べました。

修了生からは、坂井道男さんが代表で「3年間を振り返って、たくさんの深い絆を持った仲間が品川にできました。シルバー大学での経験は、これからの人生で心の支えになるでしょう」とあいさつ。また、会場では、うるおい塾の成果発表も行われ、マジックやフラダンス、コーラスで式を盛り上げました。また、スポーツ祭東京2013マスコットキャラクターの「ゆりーと」がお祝いに駆けつけました。