グローバルナビゲーション

五反田ふれあい水辺広場でケータリング事業スタート

更新日:2013年3月12日

五反田ふれあい水辺広場でケータリング事業スタート
五反田ふれあい水辺広場でケータリング事業スタート五反田ふれあい水辺広場でケータリング事業スタート五反田ふれあい水辺広場でケータリング事業スタート五反田ふれあい水辺広場でケータリング事業スタート
3月11日(月)、目黒川沿いの川辺に位置する、区立五反田ふれあい水辺広場(東五反田2-9-11)で、期間限定のケータリング事業がスタートしました。

五反田ふれあい水辺広場は、平成21年に東五反田二丁目第2地区の再開発にあわせて整備され、大崎・五反田地区における貴重な水辺として、多くの人々に親しまれています。

区では、河川を拠点とした賑わいの創出を目指して、地域の人々によるまちの活性化や交流に繋がる事業を支援しており、その一環として昨年12月11日から1月10日まで、広場を利用するケータリングカーの出店団体を募集しました。

期間は、3月11日(月)~5月末日の午前11時~午後5時まで。原則として、正午~午後1時30分までのランチタイムは営業します。(火曜定休・土日不定休)
ビストロ料理、南インドカレー、メキシコ料理、横手焼きそば、伊豆牛ランチなど、日替わりでケータリングカーが出店し、広場の賑わいに華を添えます。

目黒川周辺は、都内でも有数の桜の名所。
まもなく到来する桜のシーズンには、隣接する建物「さくらてらす五反田」のカフェやギャラリーとともに、区民だけではなく、近隣の企業に勤める会社員や訪れる人にとって、ほっと一息つける憩いのスポットになりそうです。