グローバルナビゲーション

ねむの木の庭でプリンセスミチコが見ごろ

更新日:2013年5月10日

入り口アーチ
携帯撮影する女性プリンセスミチコアップ撮影する男性
5月10日(金)、「ねむの木の庭」(東五反田5-19-5)で、プリンセスミチコの花が見ごろを迎えています。

「ねむの木の庭」は、皇后美智子さまのご実家のあった旧正田邸跡地に開園した区立公園です。「プリンセスミチコ」は、昭和41年(1966年)に当時皇太子妃だった美智子さまへ、イギリスのディクソン社が献呈した、柔らかな香りのするバラ。橙色と丸みを帯びた花弁のバランスが美しい。

閑静な住宅街にひっそりと佇む「ねむの木の庭」は、美智子さまご成婚時の正田邸の門をモチーフに再現した木製の門や、美智子さまゆかりの樹木や花がたくさん植えられている。

プリンセスミチコは、5月4日頃から咲き始め、公園管理者によると、今週末がピークを迎え来週末まで楽しめるとのことです。

この日も平日にもかかわらず、多くの見物客が訪れ、デジタルカメラや携帯電話での記念撮影や、花の香りを楽しんでいました。