グローバルナビゲーション

子育て交流サロン「大崎にこにこるーむ」がオープン

更新日:2013年6月4日

クスだまを割る母子
オープニング見つめる子読み聞かせ仲良し
6月3日(月)、JR大崎駅から徒歩5分に位置する、大崎三五町会集会室(大崎5-2-1)内に、子育て交流サロン「大崎にこにこるーむ」が開設し、オープニングイベントが開催されました。

 子育て交流サロンは、気軽に子育ての不安や悩みを相談でき、幼い子をもつ親同士が交流できる場です。区では、児童センターで、同様の事業を実施していますが、大規模マンションの建設などで人口増加の続いている地域や、児童センターが身近にない地域での、子育て相談や、乳幼児親子の交流機会の充実のため、今年度2カ所を新規開設します。

「大崎にこにこるーむ」はその一つで、おおむね0~2才のお子さんとその保護者が利用できます。開催日は、月曜日(月3回程度。要問合せ)の午前10時30分~午後2時30分で、事前登録は不要です。
 
オープニングイベントには、保護者26人、乳幼児24人が参加。スタッフが行う、パネルシアターや手遊びを親子で楽しみました。

サロンを運営する、NPO法人ふれあいの家-おばちゃんちのスタッフは、「子どもも保護者もホッとできる場にしたい。利用者と一緒になって、憩いの場を作って行きたい」と話していました。

 6月24日(月)には、2カ所目のサロン「荏原すきっぷひろば」が荏原地域にオープンします。場所は、荏原区民センター集会室(荏原5-6-5)。同日、午前10時30分からオープニングイベントを行う予定。