グローバルナビゲーション

「健康大学しながわ 第5期生」入学式

更新日:2013年6月17日

副区長あいさつ
宣誓誓いの言葉入学生基調講演
6月15日(土)、区役所講堂で、「健康大学しながわ 第5期生」の入学式が行われました。

「健康大学しながわ」は、健康について総合的に学び、それをもとに地域で様々な健康づくりの活動ができることを目的に、平成21年度に開校。学長は濱野区長が務めています。

受講者は、「公開講座」「健康探求講座」「コミュニケーション講座」「運動講座」の4つの講座で、自身の健康増進とともに、地域における健康づくりを実践していくために必要な知識と技術を学びます。

山田副区長は「健康寿命を長く享受できる環境づくりが大切。ここで学んだことを生かし、地域の中での健康づくりのリーダーになることを期待します。本日は入学まことにおめでとうございます」と式辞を述べました。

品川区健康づくり推進協議会会長の上野さんの祝辞に続いて、入学生代表の田村さんが「健康であり続けるため、運動や健康について総合的に学びたい。出会いを大切に、助け合い勉学に精進していきたい」と、入学生宣誓を行いました。

迎える言葉を発表した、企画運営委員の纐纈さんは「入学おめでとう。半年間と長期になりますが、頑張ってください。卒業後は一緒に地域の健康づくりに寄与していきましょう」と、自らの体験を交えながら、新入生にエールを送りました。

閉式後には、東洋大学ライフデザイン学部スポーツ学科の齊藤恭平教授による『「地域に健康の輪を広げよう」~元気な街をつくるためのエッセンス~』と題した基調講演が行われ、入学生は時折メモを取るなど、真剣な表情で話に聞き入っていました。