グローバルナビゲーション

大井第一地区区民まつり(桜新道)

更新日:2013年11月6日

盆踊りの列
開会式でのあいさつ盆踊りの踊り手家族で品川音頭ボラちゃん音頭大にぎわいの模擬店かき氷を食べる女の子区長とうまたせ君が飛び入り参加家族でワイワイ
7月13日(土)、桜新道(南大井5)で大井第一地区区民まつりが開催されました。

大井第一地区区民まつりでは、毎年、地域の皆さんのふれあいと明るいまちづくりをテーマに、桜新道を会場に大規模な盆踊り大会を実施しています。この日は合計4,500人もの来場者で盛り上がりました。

民謡歌手の大塚文雄さんの歌と、「と組(東京太鼓)」の調子に合わせ、区民まつりに訪れた家族連れなどが次々に盆踊りの列へ参加。いつの間にか、途切れることのない大きな踊りの輪が桜新道にできていました。

はじめて参加したという小学生の女の子は、「小学校でも(品川音頭を)やってるから、踊れちゃった」と照れくさそうに話していました。
また、幼児連れの母親は「幼稚園でも品川音頭を踊るみたいですよ」と、ベテランの踊り手たちに混ざり、家族そろって品川音頭を踊っていました。

品川区の水質改善策が効を奏し、 ボラが生息するようになった立会川にちなんで誕生したのが「ボラちゃん音頭」。かわいらしい振り付けに、会場からは笑顔が溢れていました。
濱野区長と大井競馬場のマスコットキャラクターのうまたせ君も飛び入り参加すると、会場はより一層の盛り上がりをみせました。

盆踊りのほかにも、数多くの模擬店や品川区で活動する「龍(ロン)」によるよさこい、大井権現太鼓などの催し物も行われ、訪れた来場者は、暑さを忘れて地元の夏まつりを満喫していました。

品川区民まつりは、8月11日(日)まで、各地区で順次開催されます。詳しくは、区ホームページの「イベントカレンダー」をご確認ください。