グローバルナビゲーション

荏原第五地区区民まつり(戸越小学校)

更新日:2013年11月6日

荏原第五地区区民まつり
荏原第五地区区民まつり荏原第五地区区民まつり荏原第五地区区民まつり荏原第五地区区民まつり荏原第五地区区民まつり荏原第五地区区民まつり荏原第五地区区民まつり荏原第五地区区民まつり

7月27日(土)、28日(日)、戸越小学校(豊町2-1-20)を会場に、荏原第五地区区民まつりが行われ、延べ約5,000人が来場しました。

開会式には、スポーツ祭東京2013のマスコットキャラクター「ゆりーと」が来場。会場を盛り上げました。続いて、豊葉の杜学園、戸越小学校、ゆたか児童センター、ゆたか南児童センターで活躍する子どもたちが、日頃の活動の成果を発表。来場者からは、盛んな拍手があがりました。

体育館の中では、荏原第五地区区民まつりの特色の1つである、ボルダリングとプラレールが所狭しと並べられ、熱気に包まれていました。

夕方からは盆踊り。今年はおとなも子どもも楽しめる盆踊りを企画。ゆたか児童センターの太鼓にあわせて、戸越小学校の子どもたち16人が、おそろいのはっぴ姿で品川音頭を披露しました。

午後7時30分には濱野区長が来場。ゆたか児童センターの太鼓で、町会長と一緒に品川音頭を踊りました。区長は「ゆたかの太鼓は有名だよね。すごいなぁ」と感心。やぐらの上で踊る区長を中心に、老若男女を問わず品川音頭を満喫。女性に限らず、男子小学生児童が楽しそうに踊る姿も多く見られました。

また、ボランティアには、豊葉の杜学園、日本音楽高等学校、大崎高等学校の生徒たちが参加。一輪車、ダンスなどを魅せる「子どもステージ」、町会、地区委員会、PTA、児童センターの方々による模擬店が、おまつりを盛り上げ、地域の絆を深めた2日間になりました。


ゆたか児童センターの子どもたちが取材 CATVしながわでオンエア


今回の区民まつりの様子をゆたか児童センターの子どもたちが取材。リポーター、カメラマンとなってチームを編成し、取材しました。
その模様は、ケーブルテレビしながわ(地デジ11チャンネル、アナログ5チャンネル)の「しながわEYE」の番組内で放送される予定です。

放送予定:第1回=8月17日(土)~23日(金)、第2回=8月24日(土)~30日(金)
放送時間:午前8時30分~、正午~、午後6時30分~、8時~、11時~(30分番組)
※午後8時~の放送枠は土・日除く