グローバルナビゲーション

荏原第三地区区民まつり(京陽小学校)

更新日:2013年11月6日

盆踊り
戸越台中学校吹奏楽部演奏うまたせ君とあくしゅ輪投げ縁日縁日縁日区民まつり裏方
8月3日(土)、京陽小学校(平塚2-19-20)で荏原第三地区区民まつりが開催され、延べ3,370人の来場者で賑わいました。

オープニングセレモニーでは、國分実行委員長の「暑いので、事故のないようにがんばりましょう」と開会宣言に続き、本間副区長が「まつりを通して皆さんの絆が強まり、地域が活性化することを祈念します」とあいさつ。大井競馬場のマスコットキャラクター「うまたせ君」も紹介され、おまつりを盛り上げていました。

会場の一角には特設ステージが設けられ、オープニングの戸越台中学校吹奏楽部の演奏が始まると、すぐに観客席はいっぱいに。延山小学校や京陽小学校、近隣の児童センターの子ども達によるダンスやバンドのパフォーマンスが次々と披露され、来場者は大きな拍手が送られました。

当日は、20店以上の模擬店が出店し、開店と同時にどの店にもすぐに長い列が。一番人気はやはりかき氷。かき氷を食べながらゲームのお店に並ぶ姿も見受けられました。

午後6時30分からは恒例の盆踊り大会。大人も子どもも次々と踊りの輪に参加。品川音頭や東京音頭などを、おまつり終了まで楽しみました。

品川区民まつりは、8月11日(日)まで、各地区で順次開催されます。詳しくは、区ホームページの「イベントカレンダー」をご確認ください。