グローバルナビゲーション

東品川海上公園でパンパスグラスが見頃

更新日:2013年9月8日

天王洲アイルのビル群を望む東品川海上公園
四季の花が楽しめる東品川海上公園地域の方々の憩いの場パンパスグラスの横をジョギング昼の憩いで海上公園を散歩
東品川海上公園は、品川区のベイエリア、目黒川が天王洲南運河に注ぎ込む河川部に位置する親水公園です。

9月6日、同公園では、パンパスグラスの花穂が見頃となっています。パンパスグラスは、別名「シロガネヨシ」とも呼ばれ、生け花やドライフラワーによく使われています。

東品川海上公園は、四季を通じて様々な花や草木が楽しめる公園として、大人から子どもまで人気があります。また、公園の一部は、天王洲アイルにあるため、昼休みは近くの企業に勤める方々が散歩や憩いに訪れ、親しまれています。

まだまだ、残暑が続く中ですが、潮のかおりがする東品川海上公園へ足を運んでみませんか。

 東品川海上公園
  住所 品川区東品川2-6・3-9  
  電話 03-3471-3696
  交通機関 京浜急行「新馬場」駅から徒歩12分
       りんかい線・東京モノレール「天王洲アイル」駅から徒歩8分