グローバルナビゲーション

しながわ花海道でコスモスが見頃

更新日:2013年9月28日

花海道のコスモスが見頃となってきました
勝島運河に沿ってコスモスが見頃コスモスを見ながらの散歩コースアゲハチョウも羽を休めてカメラマンも多く訪れています
9月18日、しながわ花海道(東大井1丁目・2丁目、勝島1丁目)のコスモスの花がそろそろ見頃となってきました。

コスモスは、地元の小学生やボランティアの方々が6月に種をまき、その後の水遣り、除草など、丹精を込めて育てたおかげで、8月下旬頃から少しずつ咲き初めていましたが、朝夕の涼しさに促されてでしょうか、ピンクや白、オレンジ色などの花が見頃となってきました。

しながわ花海道は、勝島運河の土手約2キロメートルに造られた、1.5メートル四方の花壇、約1,200区画です。
平成14年に地元の立会川商店街と鮫洲商店街が中心となって「勝島運河の土手をお花畑にしよう」を合言葉に「しながわ花海道プロジェクト」を立ち上げて始められたものです。
個人や学校、企業などが種をまき、春には菜の花、秋にはコスモスの花を咲かせて、訪れる人々を楽しませています。

「しながわ花海道プロジェクト」の代表を務める永尾章二さんは、「先週に予定していた『しながわ花海道のコスモスまつり』は、残念ながら台風18号の影響で中止になりました。コスモスの花は、台風の影響で花びらが落ちたものもありましたが、台風一過の秋らしい好天が続いたためきれいに咲いています。まだまだつぼみもあります。例年なら10月末頃まで楽しむことができます。ぜひ、しながわ花海道へコスモスの花を見にきてください」と話していました。
潮風を感じながらの花散歩、いかがでしょうか。