グローバルナビゲーション

盛り場環境浄化パレード・つどいを開催

更新日:2013年10月15日

パレードする区長とさくらまやさん
五反田遊楽街からスタートするパレード区長とさくらまやさん五反田駅前でパレードパレードに参加する地元町会の人たち一日署長のさくらまやさんあいさつする区長盛り場環境浄化宣言参加者全員で盛り場環境浄化宣言
-歌手 さくらまや さんが一日警察署長として参加-

10月14日(月・祝)、五反田有楽街(東五反田1丁目)から大崎広小路交差点(西五反田1丁目)にかけての「盛り場環境浄化パレード」と、立正大学大崎キャンパス(大崎4-2-16)で、盛り場環境浄化のつどいを開催。区民など約300人と、大崎警察署一日署長として歌手のさくらまやさんが参加しました。

パレードは、五反田有楽街の中心地からスタートし、JR五反田駅の高架下、大崎橋を通り、山手通りの大崎広小路交差点までの、約600メートルの道のりを、生活安全サポート隊パトロールカーに先導されて行進。
「母さん助けて詐欺撲滅」、「暴力団を許さない人・街 品川」と書かれた横断幕を広げ、五反田駅周辺の盛り場環境浄化を訴えました。

パレードに参加した池田山町会 小林前会長は、「五反田の有楽街は、どうしても警戒をしてしまうような場所。今回の活動によって、五反田が明るく開かれたまちになって、さらに活性化してほしい」と思いを話していました。

その後、立正大学大崎キャンパスの石橋湛山記念講堂で、品川区、大崎警察署、大崎防犯協会、遊技場組合、ホテル旅館業組合、料飲組合、大崎第一地区・第二地区 両町会連合会による、「盛り場環境浄化宣言」への調印式を実施。
濱野区長は、「安心・安全なまちを実現するには、一人ひとりの努力が必要です。いろいろな店がある有楽街は、犯罪の温床になる危険性もあります。犯罪のない、安全できれいなまちにするために、みなさんのご協力をお願いします」とあいさつしました。

このほか、和太鼓の演奏、実演式防犯講座、さくらまやさんによる歌謡ショーが行われました。

【盛り場環境浄化宣言】
1 犯罪のない街にするぞ
 違法な風俗店など、悪質な営業は許しません。暴力団等は、絶対に受け入れないようにします。犯罪行為を見たら、すぐ警察に通報します。

2 安全に通行できる街にするぞ
 通行の迷惑になるような客引きや客待ちを許しません。道路上に許可なく広告物を置くことを許しません。道路上での飲酒行為など、人の迷惑になる行為は許しません。

3 きれいな街にするぞ
 ごみは正しく処理し、みんなの迷惑にならないようにします。落書きをしない、させない街にします。喫煙は決められた場所で行い、ポイ捨てはしません。