グローバルナビゲーション

スクエア荏原で平成25年度第2回のタウンミーティングを開催

更新日:2013年10月21日

スクエア荏原で平成25年度第2回のタウンミーティングを開催
区民憲章朗読区長との意見交換熱心に説明する濱野区長記念撮影
10月19日(土)、スクエア荏原(荏原4-5-28)で、平成25年度第2回のタウンミーティングが開催されました。

8月に続いて今年度2回目となったタウンミーティングでは、「明日の品川を語り合う」をテーマに、濱野区長と区民の皆さんが直接語り合い、地域が直面する問題や課題などを共有しました。

会の冒頭、濱野区長は、「区政というのは、区民の皆さんの声を聴きながら進めていかなければなりません。区民の代表である区議会、区政モニター、投書など、その方法はさまざま。このタウンミーティングも、その一つです。フェイス・トゥ・フェイスでご意見をお聞きし、区政に生かしていきたい」と、タウンミーティングの意義を語りました。

その後、「これからの品川のまちづくり」と題して、パワーポイント使いながら区政の概要を説明。防災に関連した事業についての説明に多くの時間を割き、自助・共助の大切さを訴えました。

意見交換の時間では、参加者から「まちづくり」「町会活動」「待機児童対策」「スポーツ振興」など、多方面にわたる意見が寄せられると、濱野区長は時折メモをとりながら熱心に耳を傾け、品川区の特徴や区政の進む方向などを交えながら、わかりやすい言葉で丁寧に答えていました。

平成25年度中は、3回のタウンミーティングが予定されています。
次回は、11月2日にきゅりあんで行われる予定です。